《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。
レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。



《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:21/2/06

おはようさんですー

前ね、子どもが子犬を拾ってきてしまったんです。

もともと動物は嫌いじゃないから良いけど、友達にも
相談をして飼うことに。

本当に子どもには甘いんだから・・・。

でも、結局午前中からの散歩はわたくしの役目に
なりそう。

休みは午前中から、きちんと散歩に行く約束はしているけど。

ゼニカルかダイエットシェイク バナナ味・・・

どちらかはやめようかなって思っているところ。

犬のえさ代やら何やら色々とお金はかかるし、どこを削るかって
いえば、ここになってくるのよね。

曇りのちはれかどうかで散歩行かない日もあるけど、そんな日は
腕立て伏せを少し多めにするとして、運動を多めに頑張って
みようかな。

ペルヴィスダンスも・・・どうしようかな。


さっそく動物病院でお金がかかったし、なにかと揃えてお金を遣い、
子どものお小遣いで!って言いたかったけど、そんなに持って
いないのも、よくわかっているので言えないところ。

お金がかかるのよっていうのはわかってほしいけどね。

ショッピングに行ったりも回数減るよ!って言ったけど、
子どもはそれよりも可愛い子犬にぞっこんですからねー。


ほのぼのしようと思っても、キャンキャン鳴かれて、
こちらはお疲れ気味ですよ。。。

4日は友達が見に来る!って言ってたし、みんな
責任もって飼ってくださいよーって感じです。

冬休み中は、ぜったい午前中から世話をしなさいって
言ってあるけど、どうなるやら。