《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。
レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。



《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:21/1/21

みなさまは
「国立病院ダイエット」というダイエット法を、
聞いたことありますか?

これは、
フィンランドの
肥満治療を行なっているクリニックが提唱したという説や
フィンランドにある国立病院で提唱されたという説などがありますが、
はっきりとわかっていません。

日本の国立病院では、
このダイエット方法は全く無関係であると言っています。

また、
国立病院ダイエットには
おかしな点もあります。

この国立病院ダイエットとは、
どのような方法なのかというと…

と二週間いう期間の中で
決められたメニューだけを食べ続けるという
ダイエット法です。

主なメニューは
ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーなどで、
かなり栄養が偏っていますよね。

これを食べ続けることで、
体内組織が化学変化を起こして、
太りにくい体になるということなのですが、
実際にはあり得ないことだそうです。

かなり怪しいダイエット法だと思いませんか。

実際に
このダイエット法を試してみた人の話では…

ふつか間は頑張ってみたそうですが、
みっか目頃から血糖値が急激に下がってしまい、
震えがするなど、体の調子が悪くなってしまったそうです。

その結果、確かに痩せたそうですが、
かなりやつれてしまい、
全く美しさがなくなってしまったとのこと…

この国立病院ダイエットのほかにも、
怪しい危険なダイエット方法はたくさんあると思います。

提唱者が不明なものや
内容がおかしなものは、決して試してみたりしない方がいいと思います。

体を悪くしてしまっては、
元も子もないですもんね。