《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。
レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。



《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:21/4/15

1週間前のこと…
今まで聞いた事の無い着信音で
携帯電話が鳴りました

今使っている携帯電話も二年位過ぎたので、
ついに故障してしまったのかな?と思いながら
その携帯電話を覗いてみると…

わたくしの想像もしていなかった人からの着信で
その携帯電話は鳴り続けているではありませんか!

「なんでこの番号から電話がかかってるの?」
と思いながら、おっかなびっくり受話ボタンを押してみました。

すると…
携帯電話の画面にメッセージが現れてきました。
テレビ電話接続中…

ドキドキしながら、携帯電話の画面を凝視していますと、
現れた人物は、実家にいる母でした。
後ろにはお父さんも写っていました。

その時わたくしは驚き、驚愕の声を上げ、
携帯電話に向かって、思わず手を振っていたのです。

わたくしの母もお父さんも
聾唖者で全く耳が聞こえません。

だから小さな頃から、
「親と電話で会話をする事は一生ありえない」
と思っていたんですよね。

近年、母が携帯電話を持ち始め
メールのやり取りはしていました。

わたくしにとって、
母が持っている携帯電話は
メールのやり取りツールとしか思っていなかったのです。

わたくし自身、携帯電話は、
電話で会話したりメールをするためのツールとしか利用していなかったのですが、
母は違いました。

テレビ電話機能がこの携帯電話にある事を知った母は、
一生懸命取扱説明書を見たり、
携帯電話に詳しい人に色々とテレビ電話の使い方について聞いて、
母自身も試行錯誤しながら…

こうやってムスメであるわたくしに電話をかけてくれたんだな…と思うと
胸が熱くなり、じーんとしながら
親と手話での会話を楽しみました。