《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。
メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。

フコイダンの詳細
http://daiichi-sangyo.com/
フコイダンの詳細



《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:21/4/12

食べる事に関するマナーは子どもが大人になっていくなかで
しっかり覚えていかなければならないものですよね。

そして
その学びの場の中心は他でもない、
食卓という場にこそあります。

例えば…
和食では左手前にごはん、右手前に汁物、真ん中に主菜を置く…
というような配膳の仕方から始まって、

正しい箸の使い方、茶碗の持ち方といった
ごくごく基本の食事作法、

あるいは
迷い箸、たぐり箸、なみだ箸などの箸の使い方や、
くちにものを入れたままおしゃべりをするといった
食べる事をする上でのタブー…

こういった食べる事のマナーは、
家庭の食卓で日々繰り返される
食べる事の中で自然に身についていくものです。

そして、食卓はマナーを学ぶ以上に、
大切な家族のコミュニケーションの場でもあるのです。

大人も子どもも年々忙しくなっていく現代、
「家族の食卓」を取り戻すためには、
ちょっとした工夫が必要なのではないでしょうか?

例えば…
子どもが食べる事をしている時間には、テレビを消す…とか、

一緒に食べる事を食べられなくても
親は同じテーブルに座り、子どもの話を聞いてあげる…
食卓では小言や成績の話はしない!

また、家族にこだわらず、
ご近所の方や友人の家族などと
一緒に食べる事をする機会をつくる…などなど。

とにかく
「誰かと一緒に食べる事をするって楽しい!」
子どものそんな気持ちを積み重ねていくことが大切だと思います。

食べる事は自立の基本。
「食べることは楽しいこと」
そう実感することから子どもの自立は始まるのではないでしょうか。